​ 理事長挨拶

​ 私たちはユーラシアの東端に住む人間であり、2000年以上にわたって中国大陸と深く結びついた歴史を歩んできました。それゆえ否応なく私たちは中国の文明・文化と向き合い、自らの生活と歴史をつくりあげてきました。時を経て、中国のみならず他の文明・文化の影響が及んで世界の歴史が大きな変化を迎えても、日本列島という地域に住む私たちは中国の存在を無視して自らの世界をうち立てることはできません。
 中国研究所は戦後まもなく創設され、すでに70年以上の歴史をもつ学術研究機関です。その歴史は、戦後の直接的関係が希薄であった時代から、国交正常化の時代を経て、今日の錯雑とした日中関係の時代にまで至っています。その間、現代中国の現実と深く関わり、一貫して中国とは何かを問うて来ました。それは私たち自身を問うことでもあるからです。
 現在、私たちは中国を冷静に捉え、研究することが求められています。中国研究所は近現代中国の研究を中心とした研究会・講演会の開催、『中国研究月報』・『中国年鑑』などの刊行を通して、その社会的存在の一翼を担うとともに、日本国内のみならず、中国・世界の研究者とも交流・交錯する場でありたいものです。

 

  研究所の沿革

 1946年、設立総会を開催し、翌1947年に文部省の認可を受け、社団法人として正式に成立しました。以来今日に至るまで、各種研究会の開催、出版物の編集、発行、専門図書館の運営、講座・セミナーの開催、「中国語研修学校」(1993年7月に分離)の経営などの活動を柱に、日本における現代中国の調査、研究の拠点として、長い歴史を歩み、成果を蓄積してきました。

 研究所の略年表

1946年1月   東京・大塚にて設立総会
1947年3月 『中国研究所所報』創刊

      (のち『中国研究月報』と改題)
1947年3月   社団法人として文部省より認可、正式に成立
1951年11月    東京都千代田区九段一口坂に所屋本館を新築
1954年12月 附属図書館を設置
1955年5月 『中国年鑑』刊行開始
1966年 4月   「中国語研修学校」を開設
1982年4月   東京・飯田橋に新築した所屋に移転
1993年7月    「中国語研修学校」を分離
1994年11月 東京・大塚の現所屋に移転
2010年12月 「一般社団法人 中国研究所」に名称変更

   研究所の事業内容と運営

・現代中国に関する研究会、講座、講演会などの企画、開催
・出版物(『中国年鑑』、『中国研究月報』等)の企画、編集と発行
・専門図書館の運営
・年1回開催の所員総会で選任される理事で構成される理事会および監事が、研究所の運営を審議、決定し、執行します。

 会員制度入会を希望される方は、事務局までお問い合わせください)

◇所員:中国研究所の目的に賛同し、研究所の目的達成に必要な事業に従事する個人の会員。総会での議決権を持ちます。
〈資 格〉入会は、所員2名の推薦と理事会の承認を必要とします。
〈年会費〉24,000円
〈特 典〉①『中国研究月報』の無料配布、②『中国年鑑』1冊19,800円(税込み価格・送料別)のところ、8000円(送料込)にて販売(各1部)、③『中国研究所所報』(原則年3回発行)の無料配布、④附属図書館の閲覧料無料(所員のみ書庫の利用ができます)、⑤中国研究所主催の公開講座、研究会等の参加費割引、⑥その他の出版物の割引購入。
◇賛助会員:中国研究所の目的に賛同し、その事業を助成する企業・団体の会員。
〈年会費〉100,000円(一口)
〈特 典〉①『中国研究月報』、『中国年鑑』、『中国研究所所報』の無料配布(各1部)、②附属図書館の閲覧料無料、③中国研究所主催の公開講座等への招待、④その他の出版物の割引購入。
◇研究会員:中国研究所の目的事業に協力する個人の会員。中国に関心をもつ一般の方への研究活動の便宜を図る制度です。
〈資 格〉個人入会制。
〈年会費〉(一般)9,600円、(学生:学部・大学院正規課程生)5,000円
〈特 典〉①『中国研究月報』の無料配布、②『中国年鑑』1冊19,800円(税込み価格・送料別)のところ、10,000円(送料込)にて販売(各1部)、③附属図書館の閲覧料無料、④中国研究所主催の研究集会等の参加費割引、⑤その他の出版物の割引購入。
◇購読会員:中国研究所の発行する機関誌を購読する団体
〈年会費〉『中国研究月報
』年間購読料(現行は16,800円)

​ 定期刊行物

『中国研究月報』

  月1回発行、B5判、約50頁ー中国に関するあらゆる分野の研究を扱う学術誌。論文、研究ノート、書評等を掲載。

『中国年鑑』

​  年1回発行ー中国の動向、要覧・統計、重要文献、統計資料など、最新の情報を網羅。

 貸会議室のご案内
  研究会・会議等の目的で、中国研究所の会議室をご利用いただけます。詳細につきましてはメールにてお問い合わせください。

      中国研究所  

           Institute of Chinese Affairs

連絡先
E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp
    (●は@に変えてください)
原稿投稿、入会、研究会、図書館などの問い合わせ
 
〒112-0012 
東京都文京区大塚6-22-18
電話:03-3947-8029

 

 Copyright @Institute of Chinese Affairs. All rights reserved.