中国年鑑

中国の政治・経済の重要な動きから、文化の最新動向、社会生活の変化に至るまでの最新情報を提供します。


中国に関連する正確な分析、的確な情勢判断には、統計的な資料が必要です。中国の国土・経済・産業から日常生活に至るまでの基本的な情報を網羅しています。

​中国研究月報

中国研究所が発行している月刊誌です。主に近現代中国の社会、政治、経済、文学などに関する中国研究者の論文を掲載しています。

投稿ご希望の方は「『中国研究月報』投稿要領」のページをご覧ください。2004年度より「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、優秀論文に賞を贈っています。

​太田記念賞

太田記念賞は、元中国研究所理事長の太田勝洪の現代中国の研究の発展のために寄贈いただいた基金によって創設されました。

中国研究所は、日本現代中国学会の参加も得て,2004年に「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、年1回、受賞者を決定し表彰しています。

寄付のお願い

 中国研究所は、所員・会員からの所員費・会費を主な収入源として活動を継続しておりますが、財政的には大変厳しく、活動の長期的な継続が危ぶまれる状況が続いております。本研究所の活動にご賛同いただけます個人・団体のみなさまからの寄付を募っております。金額に関わらずご厚志賜れます場合は、事務局までご連絡ください。E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp(●を@に換えてください)

新着情報    News and Topics

2021年4月1日(木)からの事務局の業務態勢について New

 弊所では、緊急事態宣言解除とはいえ厳しい現実の中、事務局は毎週月曜日を開室とし、図書館業務、電話受付も行いますが、他の曜日は原則として閉室いたします。『中国研究月報』の編集発行、各種研究会の開催、郵便物の授受等の通常業務は従来通り行います。お問い合わせは、下記まで電子メールでお願いいたします。所員・研究会員はじめ関係者の皆様には今しばらくはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。※問い合わせ先:事務局  c-soumu●tcn-catv.ne.jp 編集部/月報 c-mon●tcn-catv.ne.jp  日本現代中国学会事務局 

c-genchu●tcn-catv.ne.jp(●は@に換えてください)

第40回 現代中国研究会

 「李香蘭と近代映画研究の最前線―新たな資料とアプローチー」開催のお知らせ (終了)
◎日時:2021年3月21日(日)14:00~16:30
◎会場:Zoom会議

◎発表者・論題:
川崎 賢子氏(立教大学)  『支那の夜』再検討―李香蘭研究の可能性と課題
古市 雅子氏(北京大学) 中国の満映研究―その過程と突破
◎コメンテーター:張 新民氏(大阪市立大学)

◎司会:工藤 貴正氏(愛知県立大学、『中国研究月報』編集委員)

第17回太田勝洪記念中国学術研究賞の発表

2020年の太田勝洪記念中国学術研究賞(太田記念賞)の授賞作品は、片山ゆき「医療保障をめぐる官民の攻防―ITプラットフォーマーによる新たな医療保障の提供」(『中国研究月報』2020年4月号)に決まり、1月30日にオンラインにて授賞式が開催されました。『中国研究月報』編集委員会の推薦理由は、「太田記念賞」のコーナーをご覧ください。

シンポジウム「外交記録公開―天安門事件関連文書を読む―」開催のお知らせ (終了)

 2020年12月23日、外務省が天安門事件関連の外交記録を公開した。2020年には情報公開請求に基づいて天安門事件関連の文書の一部が公開されていたが、このたび30年ルールに基づく本格的な文書公開がなされた。これらの文書は、ウェブ上でも公開され、広く閲覧に供されることになった。これまで、天安門事件関連については、中国の要人の回想録や、アメリカの研究者が編んだ資料などがあったが、この資料は日本の「官」からなされる、天安門事件に関する本格的な情報発信ともなろう。
 中国研究所では、この機会を捉えて、これらの文書を読み解くシンポジウムを開催することにした。これらの文書が示す事実やその意義、可能性などについて議論を深める場となれば幸いである。

 

◎日時:2021年2月23日(火・祝)14:00~16:00

◎方法:オンライン(Zoom)

◎パネリスト:加茂 具樹 氏(慶應義塾大学)、諏訪 一幸 氏(静岡県立大学)、城山 英巳 氏(北海道大学)
◎司会:川島 真 氏(東京大学、中国研究所理事)

「新春講演討論会」(オンライン)開催のお知らせ(終了)
2021年1月30日(土)午後2時半~4時 オンライン(Zoom)
◎講 演:日中関係の思想史――アジア主義
◎講演者:嵯峨 隆 氏(静岡県立大学名誉教授)
◎参加費:無料

声明「首相による日本学術会議推薦者 6 名の任命拒否に抗議する」
 今秋、日本学術会議が推薦した 6 名の会員の任命を菅義偉首相が拒否したことは、学問 ・言論・思想信条の自由に関わる 。特になぜそのような判断を下したか、未だその根拠を明確に示し得ていない点が問題である 。政府は「首相による任命は形式的にすぎない」としてきた 従来の見解を翻し、首相の公務員に対する指揮監督権を根拠に、「推薦のとおりに任命すべき義務があるとまでは言えない」とした。だとすれば、なぜ6名について推薦のとおりに任命できなかったのか。その理由を、菅首相は 具体的に示すべきである。またその説明責任が果たされないのであれば、 直ちに任命するよう強く求める。
                                 2020年12月21日 中国研究所理事会

第109回 21世紀シルクロード研究会 (終了)
 新型コロナウイルスのパンデミックのため、当研究会は2月以降、中止のやむなきに至りましたところ、オンライインミーティング方式によって再開するはこびとなりました。激動する中国・東アジア情勢を知るうえで、青山治世氏よりきわめてタイムリーなテーマをいただきましたので、シェアできると思います。

◎日時:2020年12月26日(土)午後2時~3時30分

◎方法:オンライン(Zoom)

◎講演:明・清代の古地図から読み解く「釣魚嶼」(尖閣諸島)の帰属問題

◎講師:青山治世氏(中国研究所理事、亜細亜大学准教授)

◎ポイント:明・清代の中国の地理書では、現在の尖閣諸島は琉球との関わりで登場し、中国の領域内との認識はなかった。

     一般社団法人中国研究所

 Institute of Chinese Affairs

連絡先
E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp
    (●は@に変えてください)
 ▽投稿、入会、研究会、図書館などの問い合わせ
 
〒112-0012 
東京都文京区大塚6-22-18
電話:03-3947-8029

 

 Copyright @Institute of Chinese Affairs. All rights reserved.