c0035825_09223866_edited.jpg
中国年鑑

中国の政治・経済の重要な動きから、文化の最新動向、社会生活の変化に至るまでの最新情報を提供します。


中国に関連する正確な分析、的確な情勢判断には、統計的な資料が必要です。中国の国土・経済・産業から日常生活に至るまでの基本的な情報を網羅しています。

Image by Yu-Heng Chiu

​中国研究月報

中国研究所が発行している月刊誌です。主に近現代中国の社会、政治、経済、文学などに関する中国研究者の論文を掲載しています。

投稿ご希望の方は「『中国研究月報』投稿要領」のページをご覧ください。2004年度より「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、優秀論文に賞を贈っています。

Image by Jonas Jacobsson
​太田記念賞

太田記念賞は、元中国研究所理事長の太田勝洪の現代中国の研究の発展のために寄贈いただいた基金によって創設されました。

中国研究所は、日本現代中国学会の参加も得て,2004年に「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、年1回、受賞者を決定し表彰しています。

新着情報   News and Topics

所員・会員を募集しています

 中国研究所では、所員・研究会員・賛助会員・講読会員を募集しています。詳しくは「概要・組織」のページをご覧ください。お申し込み・お問い合わせは、下記の事務局までご連絡ください。E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp(●を@に換えてください)

寄付のお願い

 中国研究所は、所員・会員からの所員費・会費を主な収入源として活動を継続しておりますが、財政的には大変厳しく、活動の長期的な継続が危ぶまれる状況が続いております。本研究所の活動にご賛同いただけます個人・団体のみなさまからの寄付を募っております。金額に関わらずご厚志賜れます場合は、事務局までご連絡ください。E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp(●を@に換えてください)

『中国年鑑』『中国研究月報』低価格販売(即売会・注文販売)のお知らせ NEW

中国研究所では『中国年鑑』(2008~2019年版)『中国研究月報』(刊行後1年以上経過分)を低価格で販売いたします。

期間は2021年10~12月までの3か月間です。

 注意)販売可能な残部がない号もございます。
本HPには、『年鑑』の各年度の特集について、テーマ・論文題目・執筆者が掲載されています。

『月報』の論文・研究ノート・その他についても、創刊号から掲載されていますので、ご参照の上、お申込みください。


1)即売会
場所:中国研究所会議室
即売日:10月22日(金)午後1時~4時
価格:『中国年鑑』(2008~2019年版)     1冊500円 
   『中国研究月報』(刊行後1年以上経過分)1冊50円
      
2)注文販売
『中国年鑑』(2019年版以前)の販売
 1冊500円 送料別(ゆうパック・ヤマト便) 
 送料については申し込みの際に、ご確認いただき、ご入金済を当方で確認後、送らせていただきます。  
『中国研究月報』(刊行後1年以上経過分)の販売
 1冊50円 送料別(ゆうメール・ゆうパック・ヤマト便) 
 送料については申し込みの際に、ご確認いただき、ご入金済を当方で確認後、送らせていただきます。

★注文はE-mailにてこちらへお願いいたします。

 c-soumu@tcn-catv.ne.jp

2021年度「現代中国公開講座」開催のお知らせ NEW

 

「現代中国公開講座」は、中国研究所が毎年秋に開催する講演会企画です。その時々のトピックスをテーマに講師をお招きしてお話していただき、質疑応答などで討論していただきます。所員・研究会員・一般を問わず、誰でも参加できます。

 本年度の公開講座は「バイデン政権と米中対立」と題して、米国トランプ前政権時代から本格化した米中対立について講演を頂き、討議で論点を深めていきます。21年1月アメリカでバイデン新政権が発足した後、この対立の何がどのように変わり、また変わらないことは何かに焦点をあてて、対立の現況を俯瞰します。
 米中双方の専門家による分析を通じて、貿易・ハイテク・軍事・人権など様々な側面から、米中関係の現況を見極め、米中対立の今後を展望します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎日時:11月27日(土)14〜16時
◎場所:Zoomオンライン会議
◎テーマ:「バイデン政権と米中対立」

◎講演:

 「バイデン政権の対中政策」 佐橋亮氏(東京大学)
 「中国の対米政策」 加茂具樹氏(慶應義塾大学)
◎司会:山田賢一氏(中国研究所理事、NHK)
◎参加費 所員・研究会員:無料 / 一般:1000円
◎定員 100名
◎申込方法
【一般参加者の皆様へ】
 このシンポジウムへの参加は、PeaTixの以下のURLにお申込頂きたくお願いします。
 PeaTix URL:http://ptix.at/JysTzL

 参加費は1000円(税込)です。
【研究会員の皆様へ】
 このシンポジウムへの参加費は無料です。研究会員の方は以下からお申込みください。
 研究会員参加申込URL:https://forms.gle/EJaDyyhSdFuzrhwy8
【所員・顧問の皆様へ】
 申し込み不要です。事前にZoomリンク先をお送りいたします。
◎申込締切 11月26日(金)午後5時迄
 ご参加の申し込みをいただいた方には、Zoomリンク先URLを三日前に登録メールにお送り、前日に最終案内を送ります。その際案内メールが迷惑メールなどに入ることがありますので必ずご確認頂きたくお願い致します。
◎お問い合わせ:中国研究所事務局 c-soumu@tcn-catv.ne.jp 

緊急事態宣言終了後の事務局の業務態勢について NEW

9月30日をもって東京都に発出されていた緊急事態宣言が終了しましたが、事務局の通常業務は原則として毎週月曜日に事務所と図書館を開室し、あとはテレワーク(スタッフの在宅勤務)を継続しております。
『中国研究月報』の編集発行、各種研究会の開催等の通常業務は従来通り実施しております。お問い合わせは下記まで電子メールでお願いいたします。
所員・研究会員はじめ関係者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

※問い合わせ先:事務局  c-soumu●tcn-catv.ne.jp 編集部/月報 c-mon●tcn-catv.ne.jp 日本現代中国学会事務局 c-genchu●tcn-catv.ne.jp(●は@に換えてください)

「血の同盟」の来し方、いま、これから

 ―中朝友好協力相互援助条約締結60年シンポジウム―
 
1961年7月に締結された中朝友好協力相互援助条約は今年で60周年を迎えた。中国国内からも軍事同盟部分の破棄や延長反対の声がある中、中朝両国は祝電を交換しあい、条約は延長された。中朝関係については、沈志華著・朱建栄訳『最後の天朝』(上下、岩波書店、2016年)により大きく外交史的な研究が進展したが、昨今の米中対立の中で北朝鮮をめぐる情勢は依然重要であるとともに流動的であり、この条約の意義を歴史、現在、あるいは今後について考察することは十分に有意義であると考えられる。
 
◎日 時:2021年10月16日(土)13:00〜15:00
◎場 所:オンライン(Zoom)
◎パネリスト:宮本 悟氏(聖学院大学)、堀田 幸裕氏(霞山会)
◎ディスカッサント:朱 建栄氏(東洋学園大学)
◎司会:川島 真氏(東京大学、中国研究所)

浜口義曠顧問ご逝去

 浜口義曠顧問が去る8月31日に87歳で逝去されました。

 日中国交正常化時の日中覚書貿易事務所でも勤務したのち農林水産省事務次官などを歴任し、

 中国の農業にもたいへん深い関心を持っておられました。

 謹んで哀悼の意を表します。
                        一般社団法人中国研究所

シンポジウム「中国共産党の「百年」を考える」(終了)
 
1921年に結党された中国共産党は、2021年で百年を迎える。中国共産党自身、この区切りを顕彰すべく、2049年に訪れる中華人民共和国の百周年とともに、「二つの百年」としてそれを時代の区切りとして重視する姿勢を示している。では、中国共産党とはそもそもどのような政党として成立し、そしてそれがいかなる使命を自らに課しながら、何を行ってきたのだろうか。中国国内での共産党自身による顕彰行為や、新たな正当性付与のための施策とは一線を画した上で、いまいちど中国共産党を見据えること、それがこのシンポジウムの狙いである。
 
◎日 時:2021年7月18日(日)10:00〜12:30
◎場 所:オンライン(Zoom)
◎報告者:
 1)建国以前から建国初期:石川禎浩氏(京都大学)
 2)文革期:       谷川真一氏(神戸大学)
 3)改革開放期:     益尾知佐子氏(九州大学)
 4)習近平政権:     鈴木 隆氏(愛知県立大学)
ディスカッサント:天児 慧氏(早稲田大学名誉教授)/阿南友亮氏(東北大学)
司会:川島 真氏(東京大学、中国研究所)

『中国年鑑』刊行記念シンポジウムー2020/2021年の中国を読み解く(終了)

◎日時:7月10日(土)午前10時~12時

◎講演:

(1)「2021年の中国とコロナ」竹内健二氏(共同通信北京総局員、『中国研究月報』編集委員)

(2)「コロナ下における米中対立の変容と中国外交」川島真氏(東京大学教授、中国研究所理事)

◎司会:伊藤一彦氏(中国研究所理事、『中国年鑑』編集委員長)  

『中国研究月報』「特集=外交記録公開―天安門事件関連文書を読む」(2021年5月号)

2月24日に本研究所主催で開催したシンポジウム「外交記録公開――天安門事件関連文書を読む」をもとに、

『中国研究月報』では特集を組み、以下の報告を掲載しました。

城山英巳「外交官の中国認識はどう外交政策に反映されたか―天安門事件外交文書から見る「望ましい中国像」」

諏訪一幸「1989年6月27日付「報告・供覧」から読み解く日本の対中外交」