c0035825_09223866_edited.jpg
中国年鑑

中国の政治・経済の重要な動きから、文化の最新動向、社会生活の変化に至るまでの最新情報を提供します。


中国に関連する正確な分析、的確な情勢判断には、統計的な資料が必要です。中国の国土・経済・産業から日常生活に至るまでの基本的な情報を網羅しています。

Image by Yu-Heng Chiu

​中国研究月報

中国研究所が発行している月刊誌です。主に近現代中国の社会、政治、経済、文学などに関する中国研究者の論文を掲載しています。

投稿ご希望の方は「『中国研究月報』投稿要領」のページをご覧ください。2004年度より「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、優秀論文に賞を贈っています。

Image by Jonas Jacobsson
​太田記念賞

太田記念賞は、元中国研究所理事長の太田勝洪の現代中国の研究の発展のために寄贈いただいた基金によって創設されました。

中国研究所は、日本現代中国学会の参加も得て,2004年に「太田勝洪記念中国学術研究賞」を創設し、年1回、受賞者を決定し表彰しています。

新着情報   News and Topics

所員・会員を募集しています

 中国研究所では、所員・研究会員・賛助会員・講読会員を募集しています。詳しくは「概要・組織」のページをご覧ください。お申し込み・お問い合わせは、下記の事務局までご連絡ください。E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp(●を@に換えてください)

寄付のお願い

 中国研究所は、所員・会員からの所員費・会費を主な収入源として活動を継続しておりますが、財政的には大変厳しく、活動の長期的な継続が危ぶまれる状況が続いております。本研究所の活動にご賛同いただけます個人・団体のみなさまからの寄付を募っております。金額に関わらずご厚志賜れます場合は、事務局までご連絡ください。E-mail c-chuken●tcn-catv.ne.jp(●を@に換えてください)

シンポジウム「中国共産党の「百年」を考える」 NEW
 
1921年に結党された中国共産党は、2021年で百年を迎える。中国共産党自身、この区切りを顕彰すべく、2049年に訪れる中華人民共和国の百周年とともに、「二つの百年」としてそれを時代の区切りとして重視する姿勢を示している。では、中国共産党とはそもそもどのような政党として成立し、そしてそれがいかなる使命を自らに課しながら、何を行ってきたのだろうか。中国国内での共産党自身による顕彰行為や、新たな正当性付与のための施策とは一線を画した上で、いまいちど中国共産党を見据えること、それがこのシンポジウムの狙いである。
 
◎日 時:2021年7月18日(日)10:00〜12:30
◎場 所:オンライン(Zoom)
◎報告者:
 1)建国以前から建国初期:石川禎浩氏(京都大学)
 2)文革期:       谷川真一氏(神戸大学)
 3)改革開放期:     益尾知佐子氏(九州大学)
 4)習近平政権:     鈴木 隆氏(愛知県立大学)
ディスカッサント:天児 慧氏(早稲田大学名誉教授)/阿南友亮氏(東北大学)
司会:川島 真氏(東京大学、中国研究所)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般参加者の皆様へ
 このシンポジウムへの参加は、PeaTixの以下のURLにお申込頂きたくお願いします。
 参加費は500円(税込)です。PeaTix URL:https://peatix.com/event/1965097/view
研究会員の皆様へ
 このシンポジウムへの参加費は無料です。研究会員の方は以下からお申込みください。
 研究会員参加申込URL:https://forms.gle/2rBKTuwsmJZScLEm7

所員・顧問の方は申し込み不要です。事前にZoomリンク先をお送りいたします。
◎申込締切 7月17日(土)
 ご参加の申し込みをいただいた方には、Zoomリンク先を3日前から登録メールにお送り、

 前日に最終案内を送ります。その際そのメールが迷惑メールなどに入ることがありますので

 ご留意ください。
◎お問い合わせ:中国研究所事務局 c-soumu@tcn-catv.ne.jp

『中国年鑑』刊行記念シンポジウムー2020/2021年の中国を読み解く NEW

◎日時:7月10日(土)午前10時~12時

◎講演:

(1)「2021年の中国とコロナ」竹内健二氏(共同通信北京総局員、『中国研究月報』編集委員)

(2)「コロナ下における米中対立の変容と中国外交」川島真氏(東京大学教授、中国研究所理事)

◎司会:伊藤一彦氏(中国研究所理事)  

✳所員・顧問・研究会員は無料です。所員・顧問はZoomリンク先を配信します。研究会員には事務局より登録されたメールアドレスにご案内をお送りします。

✳一般の方は参加費500円を申し受けさせて頂きます。お支払いはPeatixを通じてお願いします。参加をご希望の方は、下記の参加申込URLからPeatix画面に入り、Peatix画面右側の「チケットを申し込む」(「GETTICKET」)をクリックして、参加費をお支払いください。

参加申込URL:https://peatix.com/event/1955056/view

参加費のお支払い後、シンポジウム開催3日前までにZoomリンク先URLをメールにて送付させて頂きます。

『中国研究月報』「特集=外交記録公開―天安門事件関連文書を読む」(2021年5月号)

2月24日に本研究所主催で開催したシンポジウム「外交記録公開――天安門事件関連文書を読む」をもとに、

『中国研究月報』では特集を組み、以下の報告を掲載しました。

城山英巳「外交官の中国認識はどう外交政策に反映されたか―天安門事件外交文書から見る「望ましい中国像」」

諏訪一幸「1989年6月27日付「報告・供覧」から読み解く日本の対中外交」 

『中国年鑑2021』が刊行されました

特集 コロナ禍と米中覇権争い
I.総論―「中国モデル」と「西側モデル」の共存・競合 荒井利明
II.米中の覇権争いと新型コロナ・パンデミック 天児慧
III.コロナと中国社会―強さと弱さ 竹内健二
IV.新型コロナと中国経済―マクロ政策の動向を中心に 田中修 
V.新型コロナ下の国際情勢の変容と中国 川島真 
VI.コロナ禍下、試練に立つ日中関係 石井明
VII.香港の「一国二制度」は終わった―進む中国の強権統治 坂井臣之助
VIII.新型コロナウイルスと社区、そして臨時党支部 村田雄二郎

一般社団法人中国研究所編『中国年鑑2021』明石書店,2021/6/10,520ページ,定価:19800円,ISBN-13 : 978-4750352138

2021年6月20日までの緊急事態宣言期間中の事務局の業務態勢について

 弊所では、この度の緊急事態宣言の延長に伴い、6月20日(日)まで事務局を臨時閉室とし、通常業務は原則としてすべてテレワーク(スタッフの在宅勤務)によって実施いたします。『中国研究月報』の編集発行、各種研究会の開催等の通常業務は臨時閉室期間中も従来通り実施します。閉室期間中のお問い合わせは、下記まで電子メールでお願いいたします。所員・研究会員はじめ関係者の皆様には今しばらくはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

※問い合わせ先:事務局  c-soumu●tcn-catv.ne.jp 編集部/月報 c-mon●tcn-catv.ne.jp 日本現代中国学会事務局 c-genchu●tcn-catv.ne.jp(●は@に換えてください)

第41回 現代中国研究会(オンライン)の開催のお知らせ (終了)

 中国研究所では、下記の日程で第41回現代中国研究会(オンライン)を開催いたします。参加される方は、前日までに中国研究所(3947-8029、c-chuken●tcn-catv.ne.jp)にご連絡ください。皆様のご参加をお待ちしております。

◎日時:2021年5月22日(土) 午後2時~4時(東京時刻)

◎テーマ:「香港国家安全維持法」下の香港と中国(仮)

◎講師:西村哲也氏(時事通信元香港支局長・現解説委員)

講師略歴:

1962年京都府生まれ。85年東大文卒、時事通信社入社。大阪支社、外信部、北京特派員(94~97年)、外信部次長、中国総局長(2002~04年)、外信部次長兼編集委員、香港支局長(08~15年)、外信部長などを経て現職。著書に『中国政局を読む~胡錦濤から習近平へ』『中国政局を読むII~習近平の反腐敗闘争』(いずれも時事通信オンデマンドブックレット)。ニュースサイト「時事ドットコム」で「中国ウォッチ」を(https://www.jiji.com/jc/v7?id=chinawatch)連載中。

※所員・顧問・研究会員は無料です。所員・顧問は申し込み不要でZoomリンク先を配信します。研究会員には事務局よりメールで申し込み案内をお送りします。

※一般参加の方は参加費1000円を事前に徴収させていただきます。お支払いはPeatixを通じてお願いします。手続きは以下の通りです。参加をご希望の方は、下記の申し込み先リンクから入り、画面右下の「チケットを申し込む」(あるいは「GET TICKET」)をクリックして、料金をお支払いください(お支払いが済むとセミナー前日に再確認のメールが届きます)。https://peatix.com/event/1891862/view

第17回太田勝洪記念中国学術研究賞の発表

 2020年の太田勝洪記念中国学術研究賞(太田記念賞)の授賞作品は、片山ゆき「医療保障をめぐる官民の攻防―ITプラットフォーマーによる新たな医療保障の提供」(『中国研究月報』2020年4月号)に決まり、1月30日にオンラインにて授賞式が開催されました。『中国研究月報』編集委員会の推薦理由は、「太田記念賞」のコーナーをご覧ください。

第40回 現代中国研究会「李香蘭と近代映画研究の最前線」開催のお知らせ (終了)
◎日時:2021年3月21日(日)14:00~16:30
◎会場:Zoom会議

◎発表者・論題:
川崎 賢子氏(立教大学)  『支那の夜』再検討―李香蘭研究の可能性と課題
古市 雅子氏(北京大学) 中国の満映研究―その過程と突破
◎コメンテーター:張 新民氏(大阪市立大学)

◎司会:工藤 貴正氏(愛知県立大学、『中国研究月報』編集委員)

シンポジウム「外交記録公開―天安門事件関連文書を読む―」開催のお知らせ (終了)

 2020年12月23日、外務省が天安門事件関連の外交記録を公開した。2020年には情報公開請求に基づいて天安門事件関連の文書の一部が公開されていたが、このたび30年ルールに基づく本格的な文書公開がなされた。これらの文書は、ウェブ上でも公開され、広く閲覧に供されることになった。これまで、天安門事件関連については、中国の要人の回想録や、アメリカの研究者が編んだ資料などがあったが、この資料は日本の「官」からなされる、天安門事件に関する本格的な情報発信ともなろう。
 中国研究所では、この機会を捉えて、これらの文書を読み解くシンポジウムを開催することにした。これらの文書が示す事実やその意義、可能性などについて議論を深める場となれば幸いである。

 

◎日時:2021年2月23日(火・祝)14:00~16:00

◎方法:オンライン(Zoom)

◎パネリスト:加茂 具樹 氏(慶應義塾大学)、諏訪 一幸 氏(静岡県立大学)、城山 英巳 氏(北海道大学)
◎司会:川島 真 氏(東京大学、中国研究所理事)